ホーム > 蒲郡信用金庫について > がましんぶん

ふれあいあれこれ 蒲郡信用金庫の新聞 がましんぶん

地域の皆さまとのふれあい活動や営業店の各種取組みにつきまして、随時ホームページ上にご紹介するのが蒲信の新聞「がましんぶん」です。

蒲郡市老人福祉センター「寿楽荘」にて出前講座『振込め詐欺防止』を実施[業務推進部]

2013年03月26日ブログ

平成25年3月22日(金)午後1時30分~午後2時、蒲郡市老人福祉センター「寿楽荘」(蒲郡市大塚町山ノ沢)にて、当施設が主催する「特ダネ講座」の定例会に当金庫業務推進部の年金推進担当者 山本栄はじめ5名が講師として、出前講座『振り込め詐欺防止』を実施しました。

当金庫が実施した出前講座は、未だに多くの人が被害者となっている「振り込め詐欺」の被害防止・啓蒙を目的に、地域貢献活動の一環として、地元の公民館など高齢者の多く集まる、老人クラブ、高齢者教室等と連携して一昨年から実施しているものです。今年度は1月の小江公民館の「女性学級」に続いて2回目で、通算7回410名参加となります。

当日の参加者は寸劇の演技に笑ったり、大きく頷きながら観ていました。その後の説明において、がましんの講師は「不審な電話等があったら、必ず身内や警察、がましんに相談してほしい。」と話し、参加者は真剣な眼差しで講師の話を聞いていました。

参加者からは、「蒲郡市でも被害はありますか?」との質問があり、がましんの講師から「当金庫の形原支店では、昨年振り込め詐欺を未然に防いだことで蒲郡警察署から表彰されました。」と話し、現実に当地でも「詐欺の魔の手が伸びている」ことを紹介しました。

当金庫では、今後とも地域の公民館で実施されるプログラム等と連携して出前講座を実施する予定です。

ヘルプを閉じる

?ヘルプ

お困りのお客さまはこちら