ホーム > 蒲郡信用金庫について > がましんぶん

ふれあいあれこれ 蒲郡信用金庫の新聞 がましんぶん

地域の皆さまとのふれあい活動や営業店の各種取組みにつきまして、随時ホームページ上にご紹介するのが蒲信の新聞「がましんぶん」です。

大塚支店にて振り込め詐欺防止の「声掛け訓練」を実施[総務部]

2013年12月20日ブログ

平成25年12月19日(木)、大塚支店にて蒲郡警察署の協力により、「声掛け訓練」を実施しました。これは、振り込め詐欺被害を含む特殊詐欺の未然防止を目的としています。同支店および他の支店職員(約40名)が訓練に参加し、被害にあわれたお客さまをなだめ説得する方法などを学びました。

訓練は、蒲郡署員がお客さま役(被害者役)となり、「息子の不始末のため、賠償金を早急に振込したいと窓口に来店した」という想定で行われました。被害者役のあわてる様子に緊張感が増す中、当金庫職員は窓口で対応し、その後ローカウンターに誘導し、お金を振り込むのを思いとどまるように説得しました。

被害にあわれたお客さまは冷静でない場合が多いので、いすに座っていただくなど「まず落ち着かせる」ことが一番大切だと感じました。また、来店されたお客さまの普通ではない様子に気づき、まずお声掛けをすることが大切だと感じました。

訓練後に同署の担当者より、「愛知県内の振り込め詐欺の被害額は、11月末現在、昨年一年間の約二倍に当たる約7億6千万円に上り、件数・被害額ともに増加するなど依然として厳しい状況にあります。最近では、直接犯人が現金を受取りに来るタイプの詐欺が増加していますので、十分に注意して下さい。」と振り込め詐欺の現状報告がありました。

金融機関は振り込め詐欺の最後の砦です。当金庫では、警察署との連携を一層深めるとともに、振り込め詐欺を未然に防ぐために、今後とも「声掛け」を実践してまいります。

ヘルプを閉じる

?ヘルプ

お困りのお客さまはこちら