ホーム > 蒲郡信用金庫について > がましんぶん

ふれあいあれこれ 蒲郡信用金庫の新聞 がましんぶん

地域の皆さまとのふれあい活動や営業店の各種取組みにつきまして、随時ホームページ上にご紹介するのが蒲信の新聞「がましんぶん」です。

『第二回 盛光作品展 組子細工・東海道五十三次』開催[しもまち支店]

2013年07月01日ブログ

しもまち支店では、昨年に引き続きロビーにて『盛光作品展 組子細工・東海道五十三次』(木工細工の作品展示)を開催しています。

昨年は東海道五十三次の起点である日本橋から小田原宿までの作品を展示しましたが、今年は次の宿場箱根宿から江尻宿までの全9作品を展示しています。作品は全て当店のお取引先である森木工・もり工房の森光男様の製作で、40年以上にわたる木製家具や建具の製造技術を生かしたきめ細かく、木のぬくもりが感じられるすばらしい作品ばかりです。

皆様の多数のご来店をお待ち申し上げます。

開催期間:平成25年7月1日(月)~平成25年8月2日(金)
展示時間:午前9時~午後3時(営業時間中)

『がましん創立65周年記念 経済講演会』開催[業務推進部]

2013年06月12日ブログ

平成25年6月11日(火)穂の国とよはし芸術劇場「プラット」にて、日本総合研究所の寺島実郎理事長を講師に迎え「世界潮流と日本経済のゆくえ」と題し、経済講演会が開催されました。この講演会は当金庫の創立65周年記念事業の1つで、満員の聴衆を前に寺島理事長は、現在の経済状況を分かりやすく解説されました。

講演会の内容は、アベノミクスによる最近の株価動向について触れ「アベノミクスへの期待感から外国人投資家の株の買い込みで株価が上がっている。」と5月半ばまでの状況を語り、「5月末からはヘッジファンドによる短期的な売買により株価の乱高下がおきている。」「株が上がっていることに好感がもたれている雰囲気ではあるが、その中身をしっかり見なければいけない。」と話し、その上で「アベノミクス効果を消費者が実感するまでにはもう少し時間がかかる。」と説明されました。

また、政府より発表された「女性」「医療」「農業」の成長戦略にも触れ、方向性は間違っていないと評価しつつも、「ビジョンだけで実体化するシナリオが見えない」と厳しい見解を示し、「経済社会をどのようにつくるのか、強い問題意識をもってこの状況に向き合わないといけない。」と警鐘を鳴らしました。

最後に、「日本の経済はじゃぶじゃぶにお金が余っている状況にあり、それをどのように活かすのか。世界が日本のこれからの動向をみている。」と説明されました。


講演する日本総合研究所 寺島実郎 理事長

田中健一氏講演『「企業再生」仏の心で鬼になれ。』開催[がましん形原 愛信会・ゆりの会]

2013年05月24日ブログ

平成25年5月23日(木)、蒲郡商工会議所にて田中健一氏を講師に迎え『「企業再生」仏の心で鬼になれ。』と題して、蒲信形原支店 愛信会、ゆりの会の共同主催による講演会が開催されました。

この講演は、形原支店のお取引先である株式会社三浦組紐工場の三浦社長様のご紹介により実現しました。田中氏は東レインターナショナル株式会社 元社長、蝶理株式会社 元社長であり、現在は株式会社プロネッド会長であります。

田中氏は東レインターナショナル時代、年商500億円の会社を10年で年商3,000億円に育て上げた実績を持ち、さらに30年間赤字続きで誰もが再建不可能とみていた蝶理を、わずか1年で借金1,000億円を全額返済するとともに、黒字化に成功するなど、数々の偉業を達成されました。

今回の講演会では、蝶理の再建方法、それにおける苦労話をわかりやすくお話されました。講演会の最後に「自分が思ったとおりになる!実行できなければ思いが足らない。」という言葉を残されました。この言葉は、田中氏の人生を物語る言葉であるため、ご出席された皆さまの多くは共感を覚えました。

今回の講演会は、ご出席された皆さまも大変満足され、有意義な講演会となりました。


東レインターナショナル株式会社 元社長
蝶理株式会社 元社長
株式会社プロネッド 会長
田中 健一氏

「平成25年度 中小企業支援施策活用セミナー」を開催[業務推進部]

2013年04月23日ブログ

当金庫は、中部経済産業局の協力により『日本経済再生に向けた緊急経済対策と中小企業関連施策の概要』と題して、セミナーを開催しました。

セミナーの内容は、中小企業経営力強化支援法に基づき認定された経営革新等支援機関(認定支援機関)の役割、平成24年度補正予算による補助金事業、平成25年度予算案による補助金事業について詳細な事項まで踏み込んだものでした。

特に、認定支援機関の関与が必須となる補助金、平成24年度大型補正予算の目玉である『ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金』の申請書作成のポイントについて説明があり、多くの参加者が熱心にメモを取る姿が見られ、「大変参考となった」との言葉が聞かれました。

また平成24年度実施され、中部管内では積極的に活用された中小企業支援ネットワーク強化事業(専門家派遣)の平成25年度後継事業にあたる『中小企業・小規模事業者ビジネス創造等支援事業』の現在考えられているスキームについて詳細な説明がありました。

当金庫は、本年4月1日に創立65周年を向かえ、創業からの精神「地元とともに」に加え、経営革新等支援機関として今後も地域経済に貢献して参る所存であります。

○開催日時/平成25年4月17日 14:00~15:30
○開催場所/蒲郡信用金庫 豊橋支店 講堂
○参加人数/90名
○講師/中部経済産業局 産業部 中小企業課 課長補佐 青山美代子 氏


中部経済産業局 産業部 中小企業課
課長補佐 青山美代子 氏

平成25年度 入庫式と新入職員[人事部]

2013年04月02日ブログ

平成25年度の入庫式が4月1日(月)本店営業部講堂において執り行われました。今年度の新入職員は42名(男性20、女性22)で、緊張の面持ちで式に臨みました。

竹田理事長からは「失敗をおそれることなく、常にプラス思考でスピード感を持って『勇気ある第一歩』を踏み出すことが重要。創業の精神である『愛郷の心』を持って地域のお客さまのために誇りを持って仕事をしてほしい」と挨拶がありました。

羽ばたけ!フレッシュマン

蒲郡市老人福祉センター「寿楽荘」にて出前講座『振込め詐欺防止』を実施[業務推進部]

2013年03月26日ブログ

平成25年3月22日(金)午後1時30分~午後2時、蒲郡市老人福祉センター「寿楽荘」(蒲郡市大塚町山ノ沢)にて、当施設が主催する「特ダネ講座」の定例会に当金庫業務推進部の年金推進担当者 山本栄はじめ5名が講師として、出前講座『振り込め詐欺防止』を実施しました。

当金庫が実施した出前講座は、未だに多くの人が被害者となっている「振り込め詐欺」の被害防止・啓蒙を目的に、地域貢献活動の一環として、地元の公民館など高齢者の多く集まる、老人クラブ、高齢者教室等と連携して一昨年から実施しているものです。今年度は1月の小江公民館の「女性学級」に続いて2回目で、通算7回410名参加となります。

当日の参加者は寸劇の演技に笑ったり、大きく頷きながら観ていました。その後の説明において、がましんの講師は「不審な電話等があったら、必ず身内や警察、がましんに相談してほしい。」と話し、参加者は真剣な眼差しで講師の話を聞いていました。

参加者からは、「蒲郡市でも被害はありますか?」との質問があり、がましんの講師から「当金庫の形原支店では、昨年振り込め詐欺を未然に防いだことで蒲郡警察署から表彰されました。」と話し、現実に当地でも「詐欺の魔の手が伸びている」ことを紹介しました。

当金庫では、今後とも地域の公民館で実施されるプログラム等と連携して出前講座を実施する予定です。

静岡大学農学部視察および農業参入セミナーの実施について[業務推進部]

2013年03月14日ブログ

当金庫は、平成24年3月23日付にて静岡大学と「産学連携業務協力」を締結しております。この産学連携業務締結は、国立大学法人静岡大学が有する最先端の研究シーズや技術相談機能を当金庫取引先企業が有効に活用することを目的としています。

同大学農学部は、附属農場(地域フィールド科学教育研究センター)を備え、植物生産のためのバイオテクノロジーの研究開発に取り組んでいる、地域でも有数の農学部です。

今般、アグリビジネスや植物工場に関心のある方などを対象に下記の通りセミナー及び視察会を開催いたしました。

蒲郡信用金庫では、今後とも地域の企業発展のため、様々な情報を発信して参ります。

1. 開催日/平成25年3月14日(木)
2. 開催場所/国立大学法人静岡大学 農学部附属地域フィールド科学教育研究センター
3. 内容
○農業参入セミナー
『太陽光型植物工場の現状と静岡大学における農業ビジネスの取り組み』
講師:静岡大学農学部 糠谷明教授(株式会社静岡アグリビジネス研究所 代表取締役)
○株式会社静岡アグリビジネス研究所 太陽光型植物工場の視察
※(株)静岡アグリビジネス研究所は、静岡大学発のベンチャー企業です。


説明をする静岡大学農学部糟谷明教授

若手職員対象の「オートバイ安全運転研修」を実施[人事部]

2013年03月07日ブログ

当金庫は、平成25年3月7日に若手職員(13名)を対象に「オートバイ安全運転研修」を実施しました。

当日は、蒲郡署及び愛知県警第二交通機動隊員の方を講師に迎え、蒲郡市の竹島埠頭の駐車場を研修会場に実施しました。研修では、駐車場に設置された模擬コースを若手職員が実際に原付バイクを運転し、カーブの曲がり方、ブレーキ操作など実技指導を受けました。また、講師の方にバイク特有の危険とその危険を回避する方法もご指導していただきました。

バイクは信用金庫の営業活動に欠かせないものであり、これから渉外係になる若手職員はそれぞれ真剣な表情で研修に取り組み、安全運転の重要性を改めて認識することができました。

『住宅ローン控除の確定申告会』を開催[業務推進部]

2013年02月04日ブログ

平成25年2月3日(日)、昨年に続き第2回「住宅ローン控除の確定申告会」を東海税理士会豊橋支部と連携し、曙支店において開催しました。

住宅ローンをご利用いただいたお客様のために、休日を利用し日頃馴染みのある信用金庫の営業店内で申告会を開催しました。この申告会では、e-TAXにより申告まで完結するため、申告に不安を感じている方、平日に休暇を利用し税務署に行きにくい方など、お客様の反応は大変良く、好評につき次年度以降も開催日を増やし、継続実施する予定であります。

当金庫は、今後も地域の皆様のお役に立てるよう様々な取組みを行ってまいります。

『東海道五十三次展』開催[本店営業部]

2012年12月11日ブログ

本店営業部では、1階ロビーにて『東海道五十三次展』(木工細工作品展)を開催しています。

今回の作品展は、東海道五十三次の宿場町を作品とした全13作品で、しもまち支店のお取引先『森木工・もり工房』(西尾市羽塚町)の森光男様製作の木工細工作品展です。40年以上にわたる木製家具・木製建具の製造技術を活かした作品で、作品からは“木のぬくもり”を感じることができます。また、蒲郡市のシンボルでもある『竹島』の作品も展示しています。

皆さまの多数のご来店をお待ち申し上げております。

■開催期間/平成24年12月10日(月)~平成25年2月28日(木)
■展示時間/午前9時~午後3時(営業時間中)

ヘルプを閉じる

?ヘルプ

お困りのお客さまはこちら