ふれあいあれこれ 蒲郡信用金庫の新聞 がましんぶん

地域の皆さまとのふれあい活動や営業店の各種取組みにつきまして、随時ホームページ上にご紹介するのが蒲信の新聞「がましんぶん」です。

『蒲郡まつり「蒲郡おどり」』に参加[本店営業部]

2012年07月30日ブログ

平成24年7月28日(土)・29日(日)の2日間にわたり、『蒲郡まつり』が開催されました。28日(土)には市民参加の「蒲郡おどり」が企画されており、当金庫からは蒲郡市内店の職員を中心に74名が参加致しました。

午後7時30分から始まり途中で休憩をはさみながら午後9時まで、約1時間半踊りました。当日はとても暑くて大変でしたが、観客の方々の声援や踊りの先生から「がましんファイトー!」の威勢の良い掛け声に元気をいただきながら踊りを楽しみました。

「しんきん夏の学校~クイズで挑戦、植物の不思議~」を開催[業務推進部]

2012年07月27日ブログ

当金庫をはじめ岡崎、豊川、豊橋、浜松の5つの信用金庫が豊橋技術科学大学と農業関連の寄附講座を開設していることから、地域貢献の一環として7月27日に同大学キャンパスにて小学生とその父兄を対象に「しんきん夏の学校」が開催され、がましんのお客様9組22名の小学生親子に参加いただきました。

豊橋技術科学大学先端農業・バイオリサーチセンター特任教授の三枝正彦氏からキャンパス内の農場にて栽培されている植物の説明を受けた後、ジャム・ジュース作り植物種子等の観察、押し花作り、QRコードの作成、最先端の植物工場の見学などを行いました。

親子で参加することにより、子供たちの科学に対する関心を高め、親子の絆を深めることのできる一日となりました。

『郷土風景版画展』開催[旭支店]

2012年07月12日ブログ

旭支店では7月12日(木)から7月31日(火)まで郷土風景版画展を開催しております。

作品は豊橋市在住の版画家「東方波新」氏によるもので、豊橋市の風景(路面電車、鬼祭り、夜店、石巻山、岩屋観音、富士見台から見た富士山)をモチーフにした6作品です。いずれの作品も斬新な構図と色使いが特長の版画です。

葛飾北斎、安藤広重の手法を現代風にアレンジし、さらに原画をデジタル処理する事によって、非常に繊細で色鮮やかな仕上がりになっています。いずれの作品にも作者の俳句が書き添えられており、作品により一層の趣きが加わっています。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

■展示期間/平成24年7月12日(木)~7月31日(火)
■展示時間/午前9時~午後3時(営業時間中)


作品と作者の東方波新さん

「森木工・もり工房 木工作品展」開催[しもまち支店]

2012年07月02日ブログ

しもまち支店では、森木工・もり工房を経営される森 光男氏(西尾市羽塚町)製作による木工細工作品展を開催しております。森氏は、本業の傍ら趣味で木工細工を製作されております。

今回、東海道五十三次の宿場をすべて木で再現した木工細工10点(日本橋~小田原)を展示しております。展示作品は、非常に立体感があり、人物には躍動感があり、また細かさにおいては背景の木目や松の葉までまさに圧巻です。その他にも、姫路城天守閣、木馬、三輪車、木の手形等の作品も展示しております。

皆様の多数のご来店をお待ち申し上げております。

■展示期間/平成24年7月2日(月)~7月31日(火)
■展示時間/午前9時~午後3時(営業時間中)

岡崎愛信会 講演会開催[岡崎愛信会]

2012年06月13日ブログ

平成24年5月24日(木)、岡崎愛信会講演会を岡崎LIBRAにて開催しました。講演会は2部構成となっており、第1部では岡崎愛信会会長 がましんぶん氏に『これでいいのか!今の日本に物申す!第3弾』という演題で基調講演をいただきました。講演では「経済状態は昨年より今年の方が厳しい。この不況はなかなか抜けられない。与党・民主党は消費税率を上げることに精一杯で、景気対策を怠っている。」「こんな時代だからこそ、人と人のつながりを大切にしてほしい。お金もためるだけではなく、ある程度使わなくてはだめだ。」などのお話をいただきました。

第2部では当庫の執行役員本店営業部長 河合 博氏が『最近の金融経済情勢について』という演題で講演をしました。講演は「現状の景気情勢と先行きと今後の見通し、今後の懸念材料について」「為替動向、国債・国際商品相場について」「企業経営の安定化に向けて」などの内容でした。

当日は60名余の会員様のご参加をいただき、皆様、熱心にご聴講いただき、「大変参考になりました。」等のご意見をいただきました。

振り込め詐欺を防ぎ、お手柄の形原支店小田次長と白石さん[形原支店]

2012年05月15日ブログ

振り込め詐欺被害を未然に防いだとして、形原支店小田知広次長と白石良美さんに蒲郡警察署より署長感謝状が贈られました。

先月20日に女性のお客様が来店し、900万円もの高額の引き出し依頼をされました。窓口にて応対した白石さんは、いつも来店されていないお客様で金額も高額であり、何よりあわてている様子を「何か変だ!」と感じ、上司の小田次長に相談しました。そして、お客様に落ち着いていただくことを最優先に対応し、被害を未然に防ぐことができました。

白石さんは昨年も振り込め詐欺被害を未然に防いでおり、今回で2度目の感謝状となります。白石さんによると「手口がいろいろと複雑になってきており、お客様と接するときには、より注意が必要になってきています。あわてているお客様に対しては、何より落ち着いていただくことが被害を防ぐには大切です。」とのことです。


写真提供:東愛知新聞社

平成24年度 入庫式と新入職員[人事部]

2012年05月02日ブログ

平成24年度の入庫式が4月2日(月)本店営業部講堂において執り行われました。今年度の新入職員は24名(男性16、女性8)で、緊張の面持ちで式に臨みました。

竹田理事長からは「入庫した皆さんは金庫にとって貴重な”人材“であり、「あいさつ」「報告・連絡・相談」「自己啓発」の三つを実践して大いに活躍することを期待します」と激励の挨拶がありました。

羽ばたけ!フレッシュマン

人材育成講座『Gアカデミー』(蒲郡商工会議所)[お客様支援部]

2012年02月24日ブログ

蒲郡信用金庫は、平成24年2月23日に蒲郡商工会議所が行う人材育成講座『Gアカデミー』に協力しました。

『身近な地元中小企業に学ぶ!新事業成功の秘訣セミナー』と題し、当金庫お客様支援部の山口敬太主任調査役が講師を務め、新事業展開の重要性や成功の秘訣についてお話しました。また、ゲストに当金庫お取引先の三栄製綱株式会社の大竹宏幸社長をお招きし、同社が事業化した『光るロープ』の開発秘話などについてお話いただきました。

中小企業の経営者を中心に約40名の方にご参加いただき、身近な新事業成功事例ということもあり熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

大竹社長は「成熟化社会を迎えたこれからの時代には、『光るロープ』の様な新しい価値基準を作る視点が必要」と講座をまとめる中で、「事業を進める上で困ったことがあれば、蒲郡信用金庫お客様支援部など周りの人の力を借りることで前進できる」と強調されていました。

蒲郡信用金庫では、昨年6月にお客様支援部を創設しました。今後も地元企業の皆さまの発展のためにコンサルティング機能の発揮に努めてまいります。

「住宅ローン控除の確定申告会」を開催[業務推進部]

2012年02月05日ブログ

当金庫では、平成24年2月5日、曙支店で「住宅ローン控除の確定申告会」を開催しました。

平日に税務署へ出向くことが難しい方にも多く参加いただけるように日曜日の開催としましたので、昨年住宅ローンを組んだ27組の方にご参加いただくことができました。

税理士の先生の支援を受けながら、スムーズに申告手続きを行うことができ、確定申告が初めてという方からも大変好評をいただきました。

当金庫では今後も地域の皆さまのお役に立てるよう様々な取り組みをおこなってまいります。

岡崎市内店有志、第2回家康公検定にチャレンジ![緑丘支店]

2011年11月16日ブログ

岡崎市内店4カ店の職員有志一同は、岡崎地域の支店に身をおくものとして岡崎を知ろうという志から去る9月25日に岡崎市及び商工会議所主催の「家康公検定」に前年に引き続き挑戦いたしました。

2年目というまだ生まれたばかりの検定試験ですが、問題は多種多様に及び難解な問題も多くありました。受験層も小学生からシニアまで幅広く参加しており、多くの人で会場は埋め尽くされ、張り詰めた空気の中、試験は行われました。難しい試験にもかかわらず職員一同健闘し、多くの職員が合格証に名前を刻むことができました。

2回目の参加となった今回の試験は、前回では参加できなかった職員も参加することができ、岡崎のことを知る良い機会になったと感じます。また、この受験を通し多くの職員が、一歩岡崎地域の皆さまに近づけたのではないかと考えています。

ヘルプを閉じる

?ヘルプ

お困りのお客さまはこちら