ホーム > 蒲郡信用金庫について > がましんぶん

ふれあいあれこれ 蒲郡信用金庫の新聞 がましんぶん

地域の皆さまとのふれあい活動や営業店の各種取組みにつきまして、随時ホームページ上にご紹介するのが蒲信の新聞「がましんぶん」です。

当金庫新本店の地鎮祭を開催[総務部]

2013年11月15日ブログ

平成25年11月19日(火)、当金庫新本店の地鎮祭をとり行いました。地鎮祭には、竹田理事長をはじめ当金庫役職員ならびに工事関係者が出席し、工事の無事を祈願しました。新本店は、現在の建物の老朽化による耐震化への対応に加え、本部、本店営業部、豊橋市にある事務センターと分かれた本部機能を1つに集約することにより本部機能の強化・充実を図るため、新築工事を決定しました。

新本店の建物の概要は、敷地面積6,031平方メートル。鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造(免震構造)7階建、延べ床面積10,888平方メートル、高さ約33メートル。

設備として、自家発電機・雨水利用設備を備え、太陽光発電設備等の自然エネルギー活用により二酸化炭素を従来の半分程度に削減予定です。

また、特徴として、大震災や大津波に対応するため中間免震構造を採用し、1階を多目的ホールとし、2階を本店営業部とします。津波やその他災害による被害を最小限にとどめ、営業・本部機能の維持を図ります。また、災害時には上層階の控え室等を地域住民の方への避難場所として提供することも計画しています。

新築工事の着工は平成25年12月より始まり、竣工は平成26年12月、グランドオープンは平成27年春を目指します。


新本店イメージ図

ヘルプを閉じる

?ヘルプ

お困りのお客さまはこちら