ホーム > 蒲郡信用金庫について > がましんぶん

ふれあいあれこれ 蒲郡信用金庫の新聞 がましんぶん

地域の皆さまとのふれあい活動や営業店の各種取組みにつきまして、随時ホームページ上にご紹介するのが蒲信の新聞「がましんぶん」です。

『東海道五十三次展』開催[本店営業部]

2012年12月11日ブログ

本店営業部では、1階ロビーにて『東海道五十三次展』(木工細工作品展)を開催しています。

今回の作品展は、東海道五十三次の宿場町を作品とした全13作品で、しもまち支店のお取引先『森木工・もり工房』(西尾市羽塚町)の森光男様製作の木工細工作品展です。40年以上にわたる木製家具・木製建具の製造技術を活かした作品で、作品からは“木のぬくもり”を感じることができます。また、蒲郡市のシンボルでもある『竹島』の作品も展示しています。

皆さまの多数のご来店をお待ち申し上げております。

■開催期間/平成24年12月10日(月)~平成25年2月28日(木)
■展示時間/午前9時~午後3時(営業時間中)

岡崎市内店有志、第3回家康公検定にチャレンジ![緑丘支店]

2012年11月07日ブログ

岡崎市内店4ヵ店の職員有志一同は、岡崎市内に勤務するものとして地域を知ろうという志から、去る9月30日に岡崎市及び岡崎商工会議所主催の「家康公検定」に挑戦しました。

今年で3回目となる検定ですが、今回は「家康公とその家族~祖父の代から孫の代へ~」をテーマに出題され、下は7歳から上は86歳に至るまで総勢500名を超える受験者の中、職員一同も果敢に挑戦し、5名の職員が見事「合格証」を手中に収めることが出来ました。

今回の検定への参加により岡崎の歴史と町を知る良い機会となりました。さらに、家康公に関わる様々な事象(ヒト・モノ・カネ)について学ぶことで、「地域への愛着や誇りを持った営業活動をしよう」と決意を新たにしました。

『がましんニュービジネスクラブ 若手経営者育成講座(全5回)』を修了[業務推進部]

2012年10月17日ブログ

がましんニュービジネスクラブ会員企業様を対象に6月20日より5回にわたり、「若手経営者育成講座」が行なわれました。20社の企業の方が参加され、そのうち5社の方が全5回出席され修了証を受けました。

本講座は、現在の延長線にある数値の経営計画ではなく、ビジョン実現のために企業体質を改善する“戦略的”中期経営計画の概要を理解することを目的としております。

講師にインクグロウ(株)取締役副社長兼COO 鈴木智博氏をお迎えし、内容は『炭火焼肉牛角』など数多くの新規事業の立ち上げたことや、100社以上の中小企業コンサルティングの経験を活かしたものでした。

参加者の方からは、「自社の存続・成長のための中期計画の策定の重要性等大変勉強になりました。」などの声が聞かれました。


インクグロウ(株)取締役副社長兼COO
鈴木智博氏

『第5回 三遠南信しんきんサミット』開催[業務推進部]

2012年09月15日ブログ

平成24年9月15日 ホテル日航豊橋 ホリディ・ホールにて『第5回 三遠南信しんきんサミット』が開催されました。本サミットは、三遠南信地域にあります8信用金庫が協力して毎年開催している全国でも珍しい共同事業です。

シンポジウムとして、森永卓郎氏による基調講演と同地域で先進的な取り組みをしている地元企業による地域活性化事例発表がありました。

同時開催された物産展には、同地域の特産物や名産品が一同に揃い、当金庫のお客様も16社が出展され、約4,500人が来場されました

小学生のための金融教育を開催[業務推進部]

2012年09月11日ブログ

平成24年9月11日 蒲郡市の蒲郡北部小学校にて「子ども金融教育」を開催し、5年生49名の児童がお金の大切さを学びました。

児童たちはお小遣い帳の書き方などを紹介する映像を見た後、クイズ形式で信用金庫の役割やお金の歴史を学びました。「大昔は貝殻がお金の代わりに使われていた」と知り、部首に「貝」が入った漢字の例を挙げて知識を深めました。

1億円の重さを当てるクイズでは、一人一人が1億円分の模擬紙幣を抱えて感触を確かめ、「結構重い」と盛り上がりました。

『蒲郡信用金庫・静岡大学 産学連携業務協力締結記念セミナー』開催[業務推進部]

2012年09月11日ブログ

平成24年9月11日 『蒲郡信用金庫・静岡大学 産学連携業務協力締結記念セミナー』を開催しました。同大学のイノベーション社会連携推進機構 産学連携コーディネーターの斉藤久男特任教授が、同大学で取り組んできた研究テーマや実績を紹介しました。

続いて、光と風の研究所代表取締役で同機構客員教授の堀内道夫氏が「再生可能エネルギーによるビジネスチャンス!」をテーマに講演いたしました。堀内氏は、今後成長が見込める技術として、遮熱材や超高効率エンジンを使った常用発電機などをあげました。


静岡大学イノベーション社会連携推進機構長 柳澤 正氏


光と風の研究所代表取締役 堀内道夫氏

『ビジネスフェア2012』開催[業務推進部]

2012年09月07日ブログ

平成24年9月7日ポートメッセなごやにて、一般社団法人 東海地区信用金庫協会主催により『ビジネスフェア2012』が開催されました。本フェアには、東海地区39信用金庫のお取引先企業約500社が出展し、当金庫のお客様も16社が出展されました。また10団体の出展によりご当地グルメの販売も行われました。

ビジネス講演会では、同志社大学法学部教授村田晃嗣氏を講師にお迎えし、『「今後の世界情勢と日本の課題」~日米のリーダーシップを考える~』と題して講演されました。約10,000人の方が来場され、各ブースでは積極的に商談等が行われました。

『第2回「がんを知る」セミナー』開催[業務推進部]

2012年08月29日ブログ

平成24年8月29日、蒲郡市がん検診受診率向上プロジェクト主催による『がんを知る』セミナーが蒲郡商工会議所にて行われました。蒲郡市がん検診受診率向上プロジェクトとは、蒲郡市民をがんから守るために、CSR(企業の社会的責任)の取り組みとして、蒲郡市・アフラック・当金庫が連携し、がん検診の受診勧奨を行うものです。

第1部では、愛知県がんセンター研究所疫学・予防部室長の松尾恵太郎先生により「がんを予防するために必要なこと」について講演をいただきました。がんの予防には、禁煙など生活習慣の改善や検診による早期発見が重要だとお話されました。

第2部では、健康づくりや食生活改善などに取り組む市内4団体による「市民の活動発表」が行われました。

約200名の方が参加し、熱心に聴講されました。


講演する松尾恵太郎先生

『平成24年度 中小企業支援制度活用セミナー』開催[業務推進部]

2012年08月02日ブログ

平成24年8月2日(木)、蒲郡市民会館(東ホール)において『平成24年度 中小企業支援制度活用セミナー』を開催しました。

中小企業金融円滑化法が平成25年3月まで再延長され、内閣府、金融庁、中小企業庁は「中小企業の経営支援のための政策パッケージ」を公表し、中小企業に対する経営支援等に向けた環境整備に取り組んでいます。

このような環境下、東海財務局及び中部経済産業局のご協力により、企業経営者等を対象とするセミナーを開催しました。セミナーの内容は、政策パッケージおよび中小企業支援施策に関するもので、参加者の皆様は、熱心に聴講されていました。

『蒲郡まつり「蒲郡おどり」』に参加[本店営業部]

2012年07月30日ブログ

平成24年7月28日(土)・29日(日)の2日間にわたり、『蒲郡まつり』が開催されました。28日(土)には市民参加の「蒲郡おどり」が企画されており、当金庫からは蒲郡市内店の職員を中心に74名が参加致しました。

午後7時30分から始まり途中で休憩をはさみながら午後9時まで、約1時間半踊りました。当日はとても暑くて大変でしたが、観客の方々の声援や踊りの先生から「がましんファイトー!」の威勢の良い掛け声に元気をいただきながら踊りを楽しみました。

ヘルプを閉じる

?ヘルプ

お困りのお客さまはこちら