ホーム > 蒲郡信用金庫について > がましんぶん > 2016年11月

ふれあいあれこれ 蒲郡信用金庫の新聞 がましんぶん

地域の皆さまとのふれあい活動や営業店の各種取組みにつきまして、随時ホームページ上にご紹介するのが蒲信の新聞「がましんぶん」です。

「第32回 蒲郡信用金庫理事長杯争奪 ゲートボール大会」を開催

2016年11月29日ブログ

 11月26日(土)、蒲郡市浜町グランドにて、蒲郡ゲートボール協会主催による「第32回蒲郡信用金庫理事長杯争奪ゲートボール大会」が開催されました。

 当日は、天候にも恵まれ、全12チーム75名(当金庫からは2チーム20名)が参加し、熱い戦いを繰り広げた結果、理事長杯を手にしたのは「都々絽チーム(西浦)」でした。

 参加してくださった皆様に感謝申し上げます。大会を通して、当金庫は地域の皆様と親睦を深めることができました。

 今後も地域振興に向けて地元の様々な行事に参加して参ります。

 

●大会結果

<優 勝>  都々絽 チーム (西浦)
<準優勝>  かもめ チーム (港町)

 

gs_201611_gateball_1

ゲートボール大会の様子-その1

 

gs_201611_gateball_2

ゲートボール大会の様子-その2

「アクティブ・シニア・フェスティバル豊橋2016」に無料相談ブースを出展

2016年11月21日ブログ

 平成28年11月19日(土)、豊橋市総合体育館にて、「アクティブ・シニア・フェスティバル豊橋2016」が開催され、当金庫は無料相談ブースを出展しました。

 この催しは、シニアとシニア世代家族を対象とした博覧会形式の催しで、平成26年から毎年開催されており、毎回多くのシニア世代およびその家族が来場されます。

 当金庫は年金・投資信託・住宅ローン等、金融に関する無料相談ブース を出展し、業務推進部所属の専門スタッフ4名と地域振興部職員1名が対応をいたしました。他にも「知」・「食」・「遊」・「健」・「美」をテーマに全部で53団体の出展がありました。また、第2競技場では「エキサイティング・シニア・カーニバル」も同時開催されました。

 当日はあいにくの雨模様にもかかわらず、当金庫のブースは多くの来場者の方にお立ち寄りいただき、終日賑やかなブースとなりました。

 

当金庫は、今後も地域振興に向けて地元の様々な催しに参加して参ります。

 

gs_201611_active

当金庫の無料相談ブースの様子

「第6回 全国ご当地うどんサミット2016 in 蒲郡」に当金庫職員がお手伝い

2016年11月07日ブログ

 11月5日(土)~6日(日)の2日間に亘り、みなとオアシス蒲郡にて、「第6回 全国ご当地うどんサミット2016 in 蒲郡」(主催:全国ご当地うどんサミット開催委員会)が開催されました。

 蒲郡での開催が最後となる今大会には、北は北海道から南は沖縄、さらにお隣 台湾の団体の参加もあり、大会史上最多31団体のご当地うどんが一堂に会しました。

 天候にも恵まれ、2日間で延べ52,000人(主催者発表)の来場者があり、特に6日(日)はチケット販売所に一時100mを超える行列ができる程の盛況で、会場は終日活気に満ちていました。そんな中、投票結果は昨年に続いて「北海道純雪うどん」が優勝し、2日間の幕を下ろしました。

 当金庫からは、本部、蒲郡市内店の職員がチケット販売など大会のお手伝いをさせていただきました。今後も、地域振興に向けて様々な行事に参加して参ります。

 

入場ゲート

入場ゲート

 

開会式風景

開会式風景

 

当日チケット販売所

当日チケット販売所

 

うどん販売開始号令

うどん販売開始号令

 

表彰式

表彰式

「第9回 三遠南信しんきんサミット」が飯田市にて開催

2016年11月04日ブログ

 平成28年11月3日(木)、飯田市の飯田信用金庫本店 および りんご並木周辺にて、「第9回 三遠南信しんきんサミット」が開催されました。

 この催しは、三遠南信地域(愛知県東三河、静岡県西部、長野県南部各地域)の8信用金庫(蒲郡・豊橋・豊川・浜松・遠州・磐田・掛川・飯田)が、地域経済の活力を高めるため、県境を越えて企業間の交流を深め、ビジネスチャンスの創出を目的として平成20年から毎年開催しています。

 当日はフォーラムと物産展が行われ、フォーラムは、1部で事前に三遠南信自動車道に関するアンケートを行った分析結果の発表、2部で龍潭寺(りょうたんじ)執事・武藤佑吉氏による「井伊家を再興した『チーム直虎』の経営手腕に学ぶ~直虎と三遠南信の縁~」をテーマとした講演会、3部で愛知大学地域政策学部教授・戸田敏行氏によるサミットクロージングの3部構成で実施されました。また、物産展には73団体が出展し、三遠南信地域のグルメ・特産品が一堂に集結し、会場は来場客で終日大賑わいでした。

 ご出展いただいた企業の皆様、ありがとうございました。

 本サミットは3地域持ち回りで開催場所を変えており、来年は遠州地域での開催となりますので、ご期待ください。

 

オープニングセレモニー

オープニングセレモニー

 

地元高校生による書道パフォーマンス

地元高校生による書道パフォーマンス

 

基調講演の様子

基調講演の様子

 

物産展の様子

物産展の様子

がまごおり地場産業親子体験事業「地場産業体験 ワークショップ2016」へ参加

2016年11月04日ブログ

平成28年11月3日(木)、蒲郡市 三谷漁港にて、一般社団法人start from Miya主催による、がまごおり地場産業親子体験事業「地場産業体験 ワークショップ2016」が開催されました。

当活動は、子ども達に地場産業を支える地元企業に触れ、作業体験を通じて興味関心を持ってもらい、将来の職業の選択肢や次代の担い手に繋げる一助とすることが目的です。

地場産業体験ワークショップは、当金庫を含む地元企業12社が「遊ぶ」「学ぶ」「作る」をテーマに出展しました。当金庫ブースでは、「がましん こども金融教育“1億円を持ち上げよう”」と題して、子ども達に模擬紙幣で1億円の重さを体験してもらうとともに、クイズ形式で金融の知識について触れてもらいました。多くの子ども達は、1億円の模擬紙幣に興味津々で、その重さに驚いていました。

他のブースでは、「ハンカチ染色体験」「本日の新聞作り体験」「歯車ネックレス作り」等があり、多くの親子連れが遊びを通して地場産業について学んでいました。

当金庫は、今後とも地域社会の発展や地元の繁栄に貢献することを目的に、様々な取組みを行ってまいります。

 

当金庫の出展ブースの様子

当金庫の出展ブースの様子

 

参加した三谷支店職員

参加した三谷支店職員

ヘルプを閉じる

?ヘルプ

お困りのお客さまはこちら