ホーム > 蒲郡信用金庫について > がましんぶん > 2013年11月

ふれあいあれこれ 蒲郡信用金庫の新聞 がましんぶん

地域の皆さまとのふれあい活動や営業店の各種取組みにつきまして、随時ホームページ上にご紹介するのが蒲信の新聞「がましんぶん」です。

『海外展開セミナー<中国・アセアンの物流新時代>』を開催[国際部]

2013年11月26日ブログ

平成25年11月25日(月)、蒲郡商工会議所コンベンションホールにおいて『海外展開セミナー<中国・アセアンの物流新時代> ~グローバル化への対応~』と題して、セミナーを開催しました。中国・アセアンの物流に関することに興味のある企業の担当の方を中心に約100名の方が参加されました。

本セミナーは二部構成となっており、第一部では、日本通運株式会社 高部芳樹氏より、「中国における保税制度の現状とこれから」、また「中国とアジアを結ぶ物流網」について講演いただきました。

第二部では、同じく日本通運株式会社 高城利広氏より、「ASEANの最新物流事情」について講演いただきました。

経済のグローバル化が進み、中小企業においても中国やASEANを中心とした海外市場を視野に入れた事業展開が加速する中、本セミナーでは戦略的サプライチェーンの実現に向けての中国・ASEANを結ぶ物流網、各国の物流事情のほか、中国における保税区を活用したビジネスモデルの紹介等があり、非常に有意義なセミナーとなりました。

<第一部>
「保税制度の現状とこれから」
1. 保税特区の紹介
2. 保税区・物流園区でのビジネスモデル
3. 特区の今後の動き
「中国とアジアを結ぶ物流網」
1. 中国ビジネスの現況と アセアン・南アジアの市場環境
2. アジアにおける陸路輸送の現状

<第二部>
「ASEAN最新物流事情」
1. ASEANの概要
2. 各国の状況
3. 日本通運の取組み


講演する日本通運株式会社 高部芳樹氏


講演する日本通運株式会社 高城利広氏

当金庫新本店の地鎮祭を開催[総務部]

2013年11月15日ブログ

平成25年11月19日(火)、当金庫新本店の地鎮祭をとり行いました。地鎮祭には、竹田理事長をはじめ当金庫役職員ならびに工事関係者が出席し、工事の無事を祈願しました。新本店は、現在の建物の老朽化による耐震化への対応に加え、本部、本店営業部、豊橋市にある事務センターと分かれた本部機能を1つに集約することにより本部機能の強化・充実を図るため、新築工事を決定しました。

新本店の建物の概要は、敷地面積6,031平方メートル。鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造(免震構造)7階建、延べ床面積10,888平方メートル、高さ約33メートル。

設備として、自家発電機・雨水利用設備を備え、太陽光発電設備等の自然エネルギー活用により二酸化炭素を従来の半分程度に削減予定です。

また、特徴として、大震災や大津波に対応するため中間免震構造を採用し、1階を多目的ホールとし、2階を本店営業部とします。津波やその他災害による被害を最小限にとどめ、営業・本部機能の維持を図ります。また、災害時には上層階の控え室等を地域住民の方への避難場所として提供することも計画しています。

新築工事の着工は平成25年12月より始まり、竣工は平成26年12月、グランドオープンは平成27年春を目指します。


新本店イメージ図

『湖西支店』新規開設に向け地鎮祭を開催[総務部]

2013年11月15日ブログ

平成25年11月13日(水)、『湖西支店』新規開設に向け、地鎮祭を開催しました。『湖西支店』は当金庫50番目の店舗で、約18年ぶりの新規開設店舗となります。また、静岡県初出店の店舗となります。地鎮祭には、竹田理事長をはじめ当金庫役職員ならびに工事関係者が出席し、工事の無事を祈願しました。当日は、気持ちのよい青空が広がり、地鎮祭を無事に終えることができました。

『湖西支店』の建設地は、静岡県湖西市鷲津1062-17で、オープン予定は、平成26年3月24日(月)です。建物の主な概要は、鉄骨造2階建、延べ床面積約800平方メートルで、多目的トイレ、全自動貸金庫の他、バリアフリー対応で太陽光発電パネルやLED照明、自家発電装置などを備える予定です。

現在オープンに向け全力で準備を進めておりますが、平成26年3月のオープンまで、もうしばらくお待ちください。


地鎮祭の様子


湖西支店イメージ

『川柳色紙展』を開催[佐藤町支店]

2013年11月15日ブログ

11月11日(月)から11月22日(金)まで、佐藤町支店のロビーにおいて、当店のお取引先の「やしの実川柳社」様(鈴木如仙会長)の『川柳色紙展』が開催されております。

鈴木会長始め12名の会員様が、それぞれ機知に富んだ川柳をしたためた色紙を各一点ずつ披露して頂いております。どの川柳も、ほっと心温まる内容から、思わず笑ってしまうユニークなものまで、多彩な作品であり、訪れる人の心を和ませてくれています。

なお、開催にあたりご協力いただきました「やしの実川柳社」の皆さまに心より感謝申し上げます。

■展示期間/11月11日(月)~11月22日(金)
■展示時間/9:00~15:00(営業時間内)

「がましんニュービジネスクラブ」講演会を開催[業務推進部]

2013年11月14日ブログ

平成25年11月13日(水)、ホテルアソシア豊橋において、がましんニュービジネスクラブは、講師に経済小説作家の幸田真音(こうだまいん)氏を迎え、「経済小説に経済の“いま”を読む」と題して、講演会を開催しました。約500名のお客さまを前に、幸田氏は小説家の目から見た世界経済の問題点や日本が現在直面している財政問題や経済の現状について解説し、税制や規制緩和の具体策を提示されました。

なお、がましんニュービジネスクラブとは、当金庫が運営する経営者の会で、中小企業経営に役立つ経営情報の提供や、ビジネスマッチングのご支援を目的とした様々な活動やサービスを提供しております。


講演する 幸田真音氏

創立65周年記念特別企画『東北3日間の旅』を実施[業務推進部]

2013年11月13日ブログ

当金庫は、平成25年10月21日(月)~平成25年11月9日(土)の期間に、2泊3日の『東北3日間の旅』を実施しました。この旅行は、創立65周年を記念して、お客さまへの感謝の気持ちとともに、未だ復興途上にある東北地方復興支援の一助となるように企画しました。

旅行は、大河ドラマ「八重の桜」の舞台となった会津若松(福島県)、世界遺産に登録された平泉(岩手県)、日本三景の一つ松島(宮城県)を巡るもので、約600名のお客さまにご参加いただきました。お客さまは100名ずつ6班に分かれ、10月21日・22日・23日、11月5日・6日・7日に順次出発いたしました。

曙支店の新築建替の地鎮祭を開催[総務部]

2013年11月06日ブログ

平成25年11月6日(水)、曙支店の新築建替のための地鎮祭が行われました。当日は、天候に恵まれ、予定通り地鎮祭を終えることができました。地鎮祭には、竹田理事長をはじめ当金庫役職員ならびに工事関係者が出席し、工事の無事を祈願しました。

同支店は昭和51年から営業しており、築後37年経過している。そのため、店舗が老朽化しており、近隣のお客さまからも店舗建替えの声が多くあり、かつ耐震化のために新築建替えを決定しました。

新築工事着工は11月下旬で、竣工・オープンは平成26年6月初旬を予定しております。新店舗は敷地面積2,015平方メートル、延べ床面積913平方メートルの鉄骨造り2階建。太陽光発電設備・自家発電機・LED照明などを備える予定です。

新店舗オープンを、乞うご期待下さい。


「斎鎌(いみかま)の儀」を行う竹田理事長

『第6回 三遠南信しんきんサミット』開催[業務推進部]

2013年11月05日ブログ

平成25年11月3日(日)長野県飯田市において『第6回 三遠南信しんきんサミット』が開催されました。本サミットは、三遠南信地域にあります8信用金庫が協力して毎年開催している全国でも珍しい共同事業です。

飯田信用金庫本店(2階大会議室)会場では、シンポジウムとして、木村俊昭氏による基調講演と同地域で先進的な取り組みをしている地元企業による地域活性化事例発表がありました。

一方、りんご並木通りの屋外会場では、物産展が開催され同地域の特産物や名産品が一同に揃い、当金庫のお客さまも4社が出展されました。

『ビジネスフェア2013』開催[業務推進部]

2013年11月05日ブログ

平成25年11月1日(金)、ポートメッセなごやにて、一般社団法人 東海地区信用金庫協会主催により『ビジネスフェア2013』が開催されました。本フェアには、東海地区39信用金庫のお取引先企業約450社が出展し、当金庫のお客さまも15社が出展されました。また13団体の出展によりご当地グルメの販売も行われました。

ビジネス講演会では、作家 江上 剛氏を講師にお迎えし、『アジアに日本復活のカギを見た!~江上剛の現地最新報告~』と題して講演されました。多くの方が来場され、各ブースでは積極的に商談等が行われました。

ヘルプを閉じる

?ヘルプ

お困りのお客さまはこちら