ふれあいあれこれ 蒲郡信用金庫の新聞 がましんぶん

地域の皆さまとのふれあい活動や営業店の各種取組みにつきまして、随時ホームページ上にご紹介するのが蒲信の新聞「がましんぶん」です。

『がましん創立65周年記念 経済講演会』開催[業務推進部]

2013年06月12日ブログ

平成25年6月11日(火)穂の国とよはし芸術劇場「プラット」にて、日本総合研究所の寺島実郎理事長を講師に迎え「世界潮流と日本経済のゆくえ」と題し、経済講演会が開催されました。この講演会は当金庫の創立65周年記念事業の1つで、満員の聴衆を前に寺島理事長は、現在の経済状況を分かりやすく解説されました。

講演会の内容は、アベノミクスによる最近の株価動向について触れ「アベノミクスへの期待感から外国人投資家の株の買い込みで株価が上がっている。」と5月半ばまでの状況を語り、「5月末からはヘッジファンドによる短期的な売買により株価の乱高下がおきている。」「株が上がっていることに好感がもたれている雰囲気ではあるが、その中身をしっかり見なければいけない。」と話し、その上で「アベノミクス効果を消費者が実感するまでにはもう少し時間がかかる。」と説明されました。

また、政府より発表された「女性」「医療」「農業」の成長戦略にも触れ、方向性は間違っていないと評価しつつも、「ビジョンだけで実体化するシナリオが見えない」と厳しい見解を示し、「経済社会をどのようにつくるのか、強い問題意識をもってこの状況に向き合わないといけない。」と警鐘を鳴らしました。

最後に、「日本の経済はじゃぶじゃぶにお金が余っている状況にあり、それをどのように活かすのか。世界が日本のこれからの動向をみている。」と説明されました。


講演する日本総合研究所 寺島実郎 理事長

ヘルプを閉じる

?ヘルプ

お困りのお客さまはこちら